◆4月11日、旭区今宿南町の畑の休耕地?に、ツクシの大群落を見つけました。1週間後に再訪したら、すっかりなくなっていました。ツクシ(土筆)は、スギナに付いて出てくることから「付く子」、袴の部分で継いでいるように見えることから「継く子」となった説が有力。スギナはトクサの仲間で、地上部が杉を連想させ、ツクシが食用されることから「杉の菜」の名が。栄養茎をスギナ、胞子茎をツクシと呼び分けもするようです。────────────────────────────────────────  

3/10(土)◆原発と横須賀の原子力空母の問題を考える講演会 (02/04)

全国に54基ある原発を、今後どうしていくのか大きな問題になっていますが、意外に盲点なのが首都圏は横須賀を母港としている原子力空母(ジョージ・ワシントン)の問題です。首都圏直下型地震の発生確率が4年以内に70%と言われている昨今、仮に地震がなくても、この空母が事故を起こしたら放射能の飛散はどうなるのか、首都圏に住む私たちにとっては、無関心ではいられません。横浜は20km圏内、東京も30km圏内の近さで、福島の比ではありません。この問題をテーマとした講演が3月10日に横浜駅西口の県民活動サポートセンターで開催されます。
続きを読む・・・

 

3/11(日)◆東日本大震災から1周年~関連イベントのご案内 (02/04)

東日本大震災から、早いもので1年になります。それに関連したパレードやイベントが3月11日(日)に多数開催されますので、まとめてご紹介します。
・3・11旭区民のつどい
・3.11さよなら原発パレードin瀬谷
・さよなら原発3.11神奈川アクション
・あーすぷらざ映画上映会『100,000年後の安全』
・ライフスタイルフォーラム2012 in YOKOHAMA
続きを読む・・・

 

2/10世田谷・2/25平塚◆電気は選べる?!「えねぱそ」出前講座 (02/03)

「さわやかインフォメーション」166号でご紹介し反響を呼んだ個人向けグリーン電力証書「えねぱそ」。この「えねぱそ」の生みの親竹村英明さんが、希望する地域に講師として出向き、日本の電気・エネルギー事情も含め、直接わかりやすく解説する無料出前講座が始まりました。すでに2回決定していますが、どなたか場所を提供してくだされば、横浜は旭区でも開催できます。とりあえず、ここでは世田谷と平塚の講座をご紹介しておきます。
続きを読む・・・

 

2/29(水)◆旭区の福祉活動がよ~くわかる「きらっとあさひ福祉大会」 (01/29)

旭区では、毎年2~3月に、地域福祉保健計画や地域福祉活動の発表の場を設けてきました。これまで「あさひフォーラム」「地域フェスタ」など名称は変わってきましたが、今年は「第1回きらっとあさひ福祉大会」として開催されます。会場は、例年通り旭公会堂です。これに参加すれば、旭区内の福祉の取り組みの全貌が、一度に把握できること請け合いです。
続きを読む・・・

 

3/29(木)◆八王子往還・尾根道緑道を歩くウォーキング◆2/27締切 (01/29)

旭ガイドボランティアの会が主催・案内する「あさひ散歩ウォーキング」シリーズ。今回は「桜並木の歴史とやすらぎの古道を歩く」と題して、八王子往還・尾根道緑道を歩くウォーキングを開催します。ちょうど1年前にも、同じ日に同じ企画で実施されており、ここでもご紹介したことがあります。桜が満開の頃に桜並木のある尾根道緑道も歩き楽しめます。まだ、旭区有数の散歩道である尾根道緑道を歩いたことのない方、桜のお花見ウォーキングを満喫したい方には、いいチャンスです。
続きを読む・・・