2.ローカルイベント情報

これから開かれる旭区の地域密着イベント情報を中心に、注目イベントは、周辺市町村の情報もフォローします。

16種類もの教室・講座・イベントを開催◆2020年12月の希望カフェ (11/28)

希望が丘の地域交流拠点「希望カフェ」(キボカフェ)では、手作り教室を中心に、毎月さまざまな教室が開かれています。その数2020年12月は先月と同じ16種類ですが、リメイクとエコクラフトは1回ずつ増えて、計28回もの講座が開催されます。

年末の営業は26日(土)まで。12月27日から1月4日まではお休みで、年始は1月5日(火)から営業となります。なお、スケジュールの入っていない日時は、スペースが借りられます(2時間=営利は2000円、非営利は1600円)。
続きを読む・・・

 

12/2(水)◆SDGs 今私たちにできることは?@ハートフル・ポート (11/26)

近年「SDGs」(エスディージーズ)をよく聞くようになりましたが、国連が定めた2030年に向けた世界の目標のことで、17のゴールと169のターゲットがあります。これは、決して遠い国の問題ではなく、私たち自身の身近なゴールでもあります。

今回、「SDGs ターゲット・ファインダー」という169のターゲットを書いたカード・ツールを用い、自分にもできるターゲットを見つけ、アクションを起こせるワークショップを行います。ハートフル・ポートでの会場参加、オンライン参加と選べます。
続きを読む・・・

 

12/13(日)◆「障害者の8050、ひきこもりの8050~何が同じ?何が違う?」 (11/26)

「障害者の8050、ひきこもりの8050~何が同じ?何が違う?」と題するオンライン講演会が開催されます。80代の親が50代の子の生活を支える「8050問題」。この問題の背景には、子どもの「ひきこもり」の長期化・高齢化があります。しかし、中には、何らかの障害が要因となり、生きづらさを抱えている人も多くいます。

今回は、障害を切り口に「8050問題」や「ひきこもり」について考えを深め、本人も家族も社会や支援から孤立せず、誰もが安心して暮らせる地域を作っていくために何ができるかを、ともに考えていくことを狙いとしています。 なお、ZOOM参加のみのオンライン講演会となり、こちらから申し込めます。
続きを読む・・・

 

12/3(木)◆バリトンとピアノデュオのワンコインコンサート Vol.13 (11/25)

「普段着の音楽をあなたに」がキャッチフレーズのサンハートによるワンコイン(500円)コンサート。13回目となる今回の出演は、バリトン温井裕人・ピアノ平田もも子による「デュオ・ピッコラ・ナーベ」(小さい舟という意味)。第8回サンハート・アンサンブル・オーディションで優秀賞を受賞したデュオです。

午前の11時からの回は、0歳から入場でき(膝上無料)、親子で賑やかに楽しめ、午後の14時からの回はじっくりと音楽に浸れます(未就学児入場不可)。
続きを読む・・・

 

12/14(月)◆私たちの暮らしとSDGs~エシカル消費や食品ロスを考える (11/23)

旭区消費者教育講演会として『私たちの暮らしとSDGs~エシカル消費や食品ロス等の現状と課題を考える』がサンハートホールで開催されます。最近よく聞く「SDGs」(持続可能な開発目標)を、身近な事例から理解することができそうです。

予約不要・参加費無料ですので、気軽に聴きに行けそうです。当日は、ホールロビーにて、パネル展示や資料の配布、計量実演などのキャンペーンも実施されます。
続きを読む・・・