2.ローカルイベント情報

これから開かれる旭区の地域密着イベント情報を中心に、注目イベントは、周辺市町村の情報もフォローします。

手作り教室のほか、さまざまな教室が◆希望カフェ2019年1月の企画 (11/19)

希望が丘の地域交流拠点「希望カフェ」(キボカフェ)。手作り教室を中心に、毎月さまざまな教室が行われています。その数2019年1月は14企画で計25回開催。「希望サロン」のくくりで、歌ってGO!!、ホームカーリング、ポールウォーキング、スクエアステップなども、開かれています。

貸し会議室も10:30~12:30か、13:30~15:30で、いずれも各700円で利用できます。年末は、12/29(木)~1/5(土)がお休みで、1/6(火)は、午後からの営業となります。地図はこちら
続きを読む・・・

 

1/11(金)19:30~◆ザ・3ブックス〈働き方デザイントーク〉vol.5 (11/19)

コプレ二俣川の6階に2018年春にオープンし、このサイトでもご紹介したコ・ワーキング・スペース「フタマタリバーライブラリー」(略して“フタリバ”?)。2018年9月から、毎月第2金曜日の夜に5回シリーズで、対談トークイベントが第5回の最終回を迎えます。。題して、働き方デザイントーク「ザ・3ブックス〜自分が好きなことや、できることを仕事につなげていくヒント〜」。

毎回ゲストを迎え「これまでに出会った3冊の本を通して、ゲストの価値観や働き方をひも解いてゆく」企画です。1/11の最終回のゲストは、書店経営の経験がある本好きで、千葉県大多喜町にボタニカルブランデーをつくる「薬草園蒸留所」を立ち上げた江口宏志さんです。 
続きを読む・・・

 

1/20(日)◆第65回あさひ亭まねき寄席~真打ち2名に“ねずっち”も (11/19)

第65回となるサンハート恒例の「あさひ亭まねき寄席」。今回は、真打の春風亭柳之助、三遊亭遊馬の2人に加え、特別ゲストとして“ねずっち”が登場。2010年に「ととのいました!」の即興なぞかけで一世を風靡しました。

当日は、毎回恒例のサイン入り色紙とてぬぐいが、計10名に当たる抽選会もあります。チケットは、残りわずかのようですので、ご希望の方は、お早めに。
続きを読む・・・

 

1/26(土)◆おしどりマコ&ケンによる「災害が起きたら原発は?」 (11/19)

おしどりマコ&ケンによる「災害が起きたら原発はどうなるの?~知って・考えよう~」がサンハートで開催されます。

マコさんは、実は医学部在学中、阪神・淡路大震災で「医学では人は救えない、お笑いこそが癒しだ」と感じ、お笑いに方向転換。東日本大震災で、東電の説明に違和感を覚え、東電への地道な取材活動を続けてきたのです。「報道されない原発事故後の真実」について、楽しく話を聴くことができそうです。
続きを読む・・・

 

1/27(日)◆ハリウッドダンスミュージカル映画『コンチネンタル』 (11/19)

サンハート区民企画による「あさひ名画座プロジェクト」。終了後、映画について語り合える交流会も好評です。

第16弾の今回は、第3弾の『スイングタイム~有頂天時代』、第12弾『トップ・ハット』に続き、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースの超絶ダンスが楽しめるハリウッド史上有数のミュージカル映画『コンチネンタル』が上映されます。
続きを読む・・・