◆3月29日の日曜日、予報通り雪となり「桜に雪」の写真を撮りに公園に行ったところ、それ以上に珍しい「桜と雪だるま」に出会えました。新型コロナ禍でお花見も自粛ムードですが、できていたとしても、この雪と寒さでは、花見宴会はさすがに無理だったことでしょう。他の写真は「7.徒然なるままに」に載せましたので、是非ご覧ください。                                                         

◆希望カフェ2020年4月の開催「予定」講座◆店舗は通常通り営業中 (03/27)

希望が丘の地域交流拠点「希望カフェ」(キボカフェ)では、手作り教室を中心に、毎月さまざまな教室が活発に行われています。2020年4月は、その数19企画で計33回。

今月も「スマホ講習」を4月17日(金)の午後に開催予定(要予約)ですが、新型コロナウイルス禍の影響で、休止となる講座も多くありますので、参加したい場合は、事前に問い合わせてご確認ください。手作り品の販売や喫茶などは、通常通り営業中です。手作りマスクも販売しています。
続きを読む・・・

 

◆おすすめ本POPをネット公開/いちにち図書館2020◆ (03/23)

旭区内のお店や個人の本棚をネットで公開し、読書推進につなげる試み「旭どこでも本棚」。その3周年イベント「いちにち図書館2020」が3月21日(土)に「みなくる」で開催されます(コロナウイルス感染の影響で、会場での開催は中止となりましたが、展示予定のPOPは、ネットで近日公開されます。→されました!こちらです。

  (※「こんなときだからこそ、おうちで読書」キャンペーンは、→ こちら)。

約30名の本好き関係者が選んだ100冊近いおすすめ本が、POP付で展示されます。日頃なかなか知り得ない意外な本とも出会えるチャンスです。本の選者も多数参加。本好きな人のための交流イベントです(昨年の様子はこちら)。

昨年開催された中学生ビブリオバトル大会で紹介された本も展示されるほか、子どもでも楽しめる、オリジナルしおり作りコーナー(無料)も開設され、家族でも気軽に立ち寄れます。
続きを読む・・・

 

開始日延期◆4/13(月)~5/10(日)◆「里山ガーデンフェスタ」今春も開催 (03/15)

2017年の「第33回全国都市緑化よこはまフェア」以降、毎年春と秋に1万平方メートルの大花壇を公開する「里山ガーデンフェスタ」が、2020年春も、3月28日(土)から5月10日(日)まで開催(毎日9:30~16:30)予定でしたが、開催初日は4月13日に延期となりました(その後も、こちらでご確認ください)。

コロナウイルス禍のなかでも開催予定の貴重なイベントで、3月29日(日)には、旭区誕生50周年記念事業のフィナーレとして「旭区デー」も予定されています(詳細は次ページ)。

なお、本イベントは「ガーデンネックレス横浜2020」の一環で、「みなとエリア」では6月7日(日)まで開催。山下公園、港の見える丘公園、日本大通り、横浜公園、新港中央広場などで花壇が整備され、各種イベントも予定されています。詳しくは → こちら
続きを読む・・・

 

◆サムライ・ロック・オーケストラ/稽古場オープン記念イベント (03/13)

体操競技で活躍し、跳び箱世界記録(23段=3m6cm)保持者の池谷直樹さん。彼が2012年に旗揚げした「サムライ・ロック・オーケストラ」(SRO)の稽古場が、旭区にオープンしました。場所は国道16号沿い、旭高校入口交差点のすぐそばです。

オープンを記念して、無料パフォーマンスとスポーツ体験会(3~18歳対象/1000円/スポーツタオル付)を開催中です。3月7日から3月22日までの土日祝日で、パフォーマンスは10時からと15時から、スポーツ体験会(トランポリンほか6種目中1日3種目)は11時からと16時から45分間です。3月7・8日は中止となりましたが、それ以降は、十分な換気やアルコール消毒などをして、予定通り開催しています。       ※行って来た写真レポートは → こちら
続きを読む・・・

 

4/21(火)◆『万人のための天声人語塾』@あさひ寺子屋 (03/10)

ASA三ツ境北部では、地域の学びと交流の場として「あさひ寺子屋」を開催中です。誰でも無料で参加できます。

現在開催しているのは「万人のための天声人語塾」。参加者の都合により、いまは原則として、毎月第3~5火曜日の14:30~16:00開催となっています。1回だけの参加もOKです。毎回5~8人程度の集まりです。コロナウイルス禍の問題はありますが、万全の用心のもとに開催予定です。

ちなみに右のキャラは、ASA三ツ境北部マスコットキャラクター“さわインちゃん”(あさひくんより年上!)です。
続きを読む・・・