◆今宿コミュニティガーデンこと「いまコミ」再出発に向けて、小沼(おぬま)新代表ご夫妻(写真中央)のもと、新旧メンバーが集まりました。手元の実は、いまコミ産のキンカンとゆず。手前は食用菜の花。ガーデンベンチ設置案のほか、新会員から、いまコミでラジオ体操をやるアイデアが急浮上。ご興味のある方は「6.みんなの情報掲示板」内の記事を見てご連絡ください。。────────────────────────────────────────  

3/9(土)◆知ってほしい心の病/精神保健福祉セミナー@旭公会堂 (01/31)

毎年開催されている旭区精神保健福祉セミナー。昨年は、YouTube配信のみの開催(こちら)となりましたが、第25回となる今年は、例年通り、旭公会堂での会場のみでの開催となります。

今年は、精神障がいの当事者からの体験発表のほか、松本キック・ハウス加賀谷のお笑いコンビ「松本ハウス」による「統合失調症がやってきた」と題するトークショーも行われます。事前申込が必要で、先着250名となります。
続きを読む・・・

 

3/20(水・祝)◆クラリネットとピアノ デュオ/ワンコインコンサート (01/31)

「普段着の音楽をあなたに」がキャッチフレーズのサンハートによるワンコイン(500円)コンサート。21回目となる今回の出演は、クラリネットとピアノによるデュオの「デュオ カモミール」。東京音楽大学の同期による2人で結成されたデュオです。第11回サンハート・アンサンブル・オーディションで優秀賞受賞したグループです。

午前11時からの部は、「すくすくキッズプログラム」の一環として、「0歳からの親子で楽しむ」内容にアレンジ。しかも、0歳から入場でき(2歳以下膝上無料)、途中入退室OK、泣いても踊ってもOK、授乳室あり、ベビーカー席あり(14席/500円)と、まさに「キッズ&ママファースト」で、気兼ねなく親子で楽しめます。また、午後2時からの部は、未就学児はお断り。じっくりと音楽に浸れます。
続きを読む・・・

 

2/28(水)◆あさひ寺子屋/万人のための天声人語塾+折々のことば (01/31)

ASA三ツ境北部による地域の学びと交流の場「あさひ寺子屋」。ASA旧社屋で2014年夏から月例で始まり、いくつも講座はあったなか、「万人のための天声人語塾」だけは、2017年に旧社屋が使えなくなった後も会場を個人宅に移し、新型コロナ禍以降も、内々にほぼ毎月継続。2022年1月からは、第3期として会場を新たにし、2023年2月には通算100回目を迎えました。小規模ですが、会場に若干の余裕があるため、新規参加希望者を募集しています。単発参加もOKです。

なお、2023年7月25日からは、同じ朝日新聞1面の「折々のことば」なども取り上げ、時間も90分から120分としています(もっぱらフリートーク風)。ちなみに右上のキャラは、ASA三ツ境北部マスコットキャラクター“さわインちゃん”(“あさひくん”より年上!)です。
続きを読む・・・

 

◆新生「いまコミ」に向けて新規会員を募集中! 現地説明会を開催。 (01/19)

今宿2丁目の民間駐車場の上に位置し、いつもきれいな花が咲いている小さな緑地「今宿コミュニテイガーデン」。2005年に開設されましたが、代表・副代表の高齢化などによる引退のため、2023年の秋に、存続の危機に立たされました。

しかし、賛助会員のご尽力で、新たな後継者となるご夫妻をお迎えできる運びとなりました。そのため、新代表のもと、第2期として新たな出発に向け、会を盛り立てて下さる会員を募集します。活動日も、当面、従来の火曜日から土曜日に変わりますが、会員なら、いつでも入場可能です。従来の活動に縛られず、新たなコミュニティ・居場所を目指します。そんな新生「いまコミ」のために、あなたのお知恵とお力を、是非お貸しください。
続きを読む・・・

 

3/1・8・15(金)◆「おとなが楽しむ絵本の魅力」@みなくる (01/19)

絵本の読み聞かせに興味のある方を対象に「おとなが楽しむ絵本の魅力」と題する3回講座が「みなくる」で開催されます。絵本の楽しみ方・選び方、絵本の読み語りの魅力、大人も楽しめるおすすめの絵本の紹介のほか、絵本の読み方のコツなども学べます。

申込締切りは2月15日(木)。定員は10人で、応募多数の場合は抽選となります。読み聞かせの経験のない初心者は優先されます。
続きを読む・・・