◆4月9日に旭公会堂で行われた横浜旭ジャズまつり公開オーディション。7月30日に開催される本番のアマチュアステージ出演者を決めるイベントで、テープ審査を通過した11組が競演し、5組が選ばれました。写真はそのひとつ、ザ・ブルーオイスターズ。昭和歌謡を中心に誰にでも親しみやすいサウンドが楽しめます。プロステージは、それこそ昭和歌謡のレジェンドである雪村いづみや、迫力のMALTA Jazz Big Bandなどの出演が決まっています。

11/30(水)これから変わる「相続対策」(案)講演ほか◆希望カフェ11月の企画 (10/22)

希望が丘の地域交流拠点「希望カフェ」(キボカフェ)。手作り教室を中心に、毎月さまざまな講座が行われています。その数、11月はなんと19企画で計33回。先月より増えてたぶん過去最高となり、延べでは毎日1教室以上が開かれている計算になります。

11月30日(水)には、元家庭裁判所調停委員の茂木一晃氏を講師に迎え、「これから変わる相続対策」と題する講演会も開催されます。昭和55年以来36年ぶりの高齢化に対応した大改正について、いち早く知ることができます。
続きを読む・・・

 

12/10(土)◆プロと演奏ができるJAZZ Session & Live vol.2 (10/16)

9月24日に続き、2回目のサンハートの“JAZZ Session & Live”が開催されます。ライブチケットを購入のうえ、当日13:50までにお越しの方は、「ジャムセッション」として、ライブ演奏する大坂昌彦クインテットとセッション演奏ができます(先着10名/参加費500円)。
続きを読む・・・

 

10/11~11/27◆区民利用施設はお祭り続き!映画上映もあり。 (10/15)

旭区内には、多くの地区センターやコミュニティハウスなどがあり、大半の施設で、秋には施設をあげてのイベントが開催されます。毎年映画を上映している鶴ヶ峰コミュニティハウスでは、2016年は11月19日に、『わが母の記』と『あかね空』の2本立てで上映。『わが母の記』(2012年)は、『氷壁』などで知られる文豪井上靖の私小説を映画化したもので、文豪を役所宏司、痴呆の母を樹木希林が好演しています。また、『あかね空』(2006年)は、人情味あふれる時代小説界の第一人者山本一力の直木賞受賞作品を映画化したものです。
続きを読む・・・

 

11/19(土)◆サクライファームの素晴らしいガーデンで交流会 (10/14)

11月19日に開催される旭ふれあい収穫祭は、もう応募は締め切られていますが、同日午後に、それに連動した交流会が櫻井造園土木の農場(サクライファーム)で開催されます。こちらは、申込み不要で誰でも参加できます。会場は、園芸ファンには見逃せない各種植物の見本ガーデンとなっており、日頃見られる機会は少ないので、またとないチャンスです。
続きを読む・・・

 

11/20(日)◆ジャズを無料で気軽に楽しめる“ジャズDay”開催 (10/14)

旭区内で年間を通じてジャズに親しめる機会を増やそうと、7年前から毎年「旭区民文化祭」のエンディングとして「ジャズデイ」が開催されています。今年の旭ジャズまつりアマチュアステージに出演した実力派3バンドのほか、ユニークな女性4人組の“as4M”(アズフォーエム)も出演し、注目されます。入場無料・予約不要・出入り自由ですので、気軽に楽しめます。
続きを読む・・・