◆本屋も古本屋もなくなった希望が丘で、有志による古本市「希望が丘だれでも本屋さん」が6月3日(日)に開催されました。路上に10店舗が並び、午後の3時間という短い時間でしたが、暑いくらいの天気にも恵まれ、多くの人で賑わいました。6月4日の朝日新聞横浜版、6月14日のタウンニュースでも紹介され、YCVの「じもっと」でも放映されました。秋に2回目を開催予定で、情報が入り次第このサイトでもご案内します。                                                         

島根から直送の鮮魚と仁多米が自慢◆すえひろ鶴ヶ峰店 (12/19)

鶴ヶ峰駅北口を出て直進すぐ左側のビルの3階にある「居食処すえひろ」。本店は川島町にあり、ここは鶴ヶ峰駅前店(2店舗のみ)で、1996年から営業しているそうです。2階には、焼鳥・串焼きで人気の「〇座」(まるざ)があり、外からはその看板が目立ちますが、エレベータがなくこの店は3階のためか、知る人ぞ知る穴場かもしれません。以前ランチを食べてよかったという友人と、ランチタイムに入ってみました。
続きを読む・・・

 

◆1/11「よこはまシニアボランティアポイント」登録研修会@旭公会堂 (12/18)

65歳以上のお元気な方は「よこはまシニアボランティアポイント」に参加してみませんか? 横浜市が2009年から実施している介護予防事業で、介護施設などでボランティア活動を行うとポイントがたまり、寄付または換金することができます。

すでに登録者は1万5000人を超えています。まずは、登録研修会への参加が必要ですが、2018年1月11日(木)には、旭公会堂で開催されます。なお、旭区内の受入施設は、ケアプラザを含めなんと39(詳細はこちら)。お近くで活動できます。
続きを読む・・・

 

1/13(土)◆こども自然公園で「どんど焼き」開催 (12/18)

「どんど焼き」は、小正月(1/15)に正月の松飾り・しめ縄・書き初めなどを燃やし、歳神様を炎とともに見送る伝統行事です。言い方は違っても日本全国はもとより海外でも見られ、近隣では、神奈川県大磯町の「左義長」が国の重要無形民俗文化財に指定され、大がかりで有名です(2018年は1/13の18:30~)。

旭区内でも、笹野台北公園で1/14に社協主催で行われるほか、こども自然公園入口広場でも1/13に開催され、こども自然公園で採れたお米や大根を使ったおもち・おでんなどの模擬店も出ます。
続きを読む・・・

 

あさひ寺子屋◆1/26万人のため天声人語塾・1/27私たちの生活と憲法 (12/18)

ASA三ツ境北部では、地域の学びと交流の場として、「あさひ寺子屋」を開催中です。

2018年1月の講座は「万人のための天声人語塾」「私たちの生活と憲法」の2講座で、参加費は無料です。
「原発のいまとこれから」は、1月はお休みします。

ちなみに右のキャラは、ASA三ツ境北部マスコットキャラクター“さわインちゃん”(あさひくんより年上!)です。
続きを読む・・・

 

1/14(日)◆予約不要/合唱と吹奏楽が楽しめるニュータウン音楽祭 (12/18)

音楽活動の盛んな旭区。なかでも東急二俣川ニュータウンは盛んで、独自に毎年音楽祭を開催し、なんと2018年で21回目。いまやオールドタウンとなったニュータウンですが、高齢者による多くの合唱グループがあり、その発表の場ともなっています。

例年通り、今年も、市や県のコンクールで活躍する旭中吹奏楽部、旭中吹奏楽部卒業生による「旭の丘ブラス!」、NHKコンクールなどで活躍する中沢小合唱団、そして会場を提供している富士見丘学園の吹奏楽部の演奏も楽しめます。
続きを読む・・・