◆前回に続き遭遇シリーズ第2弾。見ての通り「柿喰えば 道路の真ん中 なんのその」。この後柿をまるごとくわえて飛んで行ってしまいました。カラスは、世界に約130種類。日本には7種がいるそうです。これは、植物食傾向でくちばしの細いハシボソガラス。他には、動物食傾向でくちばしの太いハシブトガラス、ハトほどで小さいコクマルガラス、くちばしの付け根が白いミヤマガラス、北海道に飛来する大きなワタリガラス、白い斑点模様のホシガラス、「サガン鳥栖」のマスコットでもある美しいカチガラスがいます(同じカラスでも、愛されるカラスもいるのですね)。 ────────────────────────────────────────  

旭区中西部地区◆「朝の集い/朝の体操」情報 (05/01)

新型コロナ禍で、運動不足の方も増えていると思いますが、これを機に、朝のラジオ体操などに参加するというのも「あり」ですね。

旭区中西部地区では、今川公園は駐車場前の草地広場と、坂の下の憩いの小広場の2カ所、金が谷公園東希望ヶ丘こぶし公園(今宿こぶし公園ではなく)で開催されています。
続きを読む・・・

 

6/13(日)◆かながわロックの会主催/小林節 講演会@サンハート (05/01)

政党と市民の架け橋となり、野党共闘を支援している市民団体「かながわロックの会」(=神奈川6区=旭区・保土ヶ谷区)がサンハートで「いま変える、横浜を!日本を!」と題する講演会を開催します。

講師は、カジノの是非を決める横浜市民の会の元共同代表で、住民投票署名の先頭に立ってきた憲法学者の小林節 慶応大学名誉教授(左写真)。

2021年は、8月22日に横浜市長選があり、遅くとも10月までには総選挙があり、まさに、横浜や日本の今後の進路を決める節目の年となっています。さらにコロナ禍で、政治の責任はこれまで以上に重くなっており、市民が政治への関心・関与を深めていくいい機会です。
続きを読む・・・

 

6/15◆家族と同じメニューをアレンジ【介護食講座】@今宿地域ケアプラザ (04/30)

家族と同じメニューをアレンジして、栄養が偏らず美味しい介護食をつくります。講師は、三ツ境で「旬菜 ぐぅ食堂」を経営している中里とみ恵さん(野菜ソムリエ・食育インストラクター・栄養士)。

ベテラン講師から、いろいろと習えるチャンスです。これから必要となる方もOK。申し込み締切りは5月27日(木)です。
続きを読む・・・

 

5/23(日)11~15時◆左近山ショッピングセンター【あおば祭】開催 (04/30)

左近山ショッピングセンター(そうてつローゼン左近山店周辺)は、6年前から原則として12月を除く毎月1回日曜日にお祭を開催し、コロナ禍でも対策を万全にして継続しています。こうした積極的な活動が評価され、2021年1月には、「かながわ商店街大賞」を旭区内の商店街としては初めて受賞しました(準大賞)。詳しくはこちら

3月は「桜まつり」、4月は「わかば祭」でしたが、5月は23日(日)11:00~15:00に「あおば祭」が開催されます。元祖三輪車レースのほか、飲食(酒類はなし)や協賛企業が出店し、「旭どこでも本屋さん」として古本販売コーナーも開設されます。
続きを読む・・・

 

5/23(日)◆BigBandsでLet’Swing!!/瀬谷公会堂でジャズイベント (04/30)

第1回「横濱瀬谷MUSIC SQUARE」と題する音楽イベントが、瀬谷公会堂で開催されます。気軽に音楽を楽しめる祭典をもっと開催できないか? プロ・アマを問わずミュージシャンの出演機会がもっと増やせないか? そうした声から生まれた音楽イベントです。ジャズを中心にしたイベントですが、今後は、ジャンルにとらわれず、さまざまな音楽も提供したいそうです。ちなみに、横浜旭ジャズまつりは、今年も延期(中止)が決定しています。

今回のサブタイトルは、BigBandsでLet’Swing !! 。趣の違う3つのビッグバンドが出演するほか、4本のSaxでハッピーな音作りに励むコンボバンドも出演します。ホームページは こちら
続きを読む・・・