◆5月18日、12年ぶりに、タカナシバラ園へ行ってきました。2012年に、ここに写真を載せたときは6月と時期が遅かったのですが、今回はほぼ満開。バラのアーチが出迎えてくれます。開園は5月10日から26日までの毎日9時~16時30分。場所は厚木街道の四季美台交差点から南下、相鉄の踏み切りを渡りすぐ左、タカナシ乳業本社の敷地内です。────────────────────────────────────────  

1/28(日)◆11回目となるチャリティーロックコンサート@旭公会堂 (12/09)

2012年に、ロックなど軽音楽の発表の場をつくるとともに、東日本大震災の支援もしたいとの考えから、横浜旭ロータリークラブが主催して始まったチャリティーコンサート。略称“あさひチャリコン”。

2020年・2021年はコロナ禍により中止となったため、2024年の今回は第11回となり、1月28日(日)に旭公会堂で開催されます。入場無料・予約不要ですが、募金にはご協力ください。
 
続きを読む・・・

 

書き初め・ピラティス・手打ちうどん他◆12・1月の今宿地区センター (12/04)

今宿地域ケアプラザと併設されている今宿地区センター。体育室は、改修工事のため、2024年3月11日まで利用休止中ですが、ケアプラザとの合同企画「ENJOY今宿」は、会場を多目的ホールに変えて、毎月第3火曜日の10~13時に継続開催されています(ボッチャ体験だけお休み)。

今宿地区センターの月例企画としては、バドミントンや卓球のフリーアドバイスは、体育室が使えないためお休みですが、おはなし会(月2回/月火午前)を継続実施しているほか、2023年12~2024年1月には、正月のフラワーアレンジメント・書き初め・ピラティス・クッキー焼き(キッズ対象)・手打ちうどん・コーヒーの入れ方などの教室が開催されます。
続きを読む・・・

 

1/13(土)・14(日)◆浜の和太鼓コンテスト~ 味噌六日本一決定戦 (12/03)

2006年の創立で、旭区若葉台を拠点に活動する創作和太鼓集団「打鼓音」。高校和太鼓部が会社となった星槎(せいさ)グループの教育事業のひとつでもあり、2011年・13年・15年と和太鼓日本一、2019年には世界一にも輝いています。

その打鼓音が主催し、横浜太鼓祭実行委員会が共催し「横浜太鼓祭~浜の和太鼓コンテスト~ 味噌六日本一決定戦 第14 回大会」が2014年1月13日(予選)・14日(本選)に開催されます。「味噌六」とは、愛知県岡崎市の祭りの神輿で使われ、国内に3つしかない直径2メートルの大太鼓。これを借用し、本大会で使います。会場は青葉公会堂(市が尾駅より10分)です。チケットなど詳細は、打鼓音事務局まで、お問い合わせください(TEL 045-922-1677)。
続きを読む・・・

 

1/7(日)◆「新春初まつり」2024 @左近山ショッピングセンター (12/03)

左近山ショッピングセンター(そうてつローゼン左近山店周辺)は、2015年から原則として6・12月を除く毎月1回日曜日にお祭りを開催。こうした積極的な活動が評価され、2021年1月には「かながわ商店街大賞」を旭区内の商店街として初めて受賞(準大賞)しています。詳しくはこちら

83回目となる今回は、新春初まつりに相応しく、清酒一斗樽鏡開き、和太鼓の演奏、どんど焼き、餅つき体験などがあります。その他、防災体験、粗品交換会、美肌アドバイス、タロット占い、似顔絵書き、アクセサリー小物の販売などのほか、ぶっくるによる「旭どこでも本屋さん」(古本販売コーナー)も開設されます。飲食模擬店も多数。
続きを読む・・・

 

1/13(土)◆あさひ散歩/瀬谷南四福神を参拝し、新年の福をいただく (12/03)

旭ガイドボランティアの会による「あさひ散歩」ウォーキング。2024年の1月は、瀬谷八福神のうち、南側の四福神と山王稲荷・宮沢神明社などを歩きます(約6.0km/約1万1000歩)。解散は宮沢バス亭で、三ツ境駅にバスで戻れます。

瀬谷八福神めぐりは、2016年に本サイトでもレポートしています(こちら)。右上の写真は、そのときに撮影した八福神のうち「寿老人」の全通院勢至堂です。なお、12月16日から、相鉄による「2024ゆめきぼ八福スタンプラリー」が開催されます。詳しくは、こちら
続きを読む・・・