◆アジサイ(紫陽花)の季節となりました。アジサイには、装飾花と両性花という2種類の花があるそうです。アジサイの花としてポピュラーなのは装飾花。大きな花びら(がく)があり、雄しべと雌しべは退化しています。これに対し、両性花は、雄しべと雌しべがあり、いわゆる花の本体。こ2つの花の違いがよくわかるのが、写真の「ガクアジサイ」。両性花(中心のツブツブ=まだつぼみ)の周りを装飾花が、額縁のように囲って咲くことからこの名前があります。                                                                

8/8・15◆小学生「はじめてのプログラミング」@今宿地域ケアプラザ (06/06)

夏休みの小学生向け2回講座として「はじめてのプログラミング」が今宿地域ケアプラザで開催されます。アルファベットがわかれば小学1年生でもOK。

用のパソコンが準備されますので、機材の持参は不要です。申し込み締切りは7月24日(土)で、応募多数の場合は抽選となります。
続きを読む・・・

 

7/11(日)◆三波春夫没後20周年追悼上映『東京五輪音頭』@サンハート (06/05)

サンハート区民企画による「あさひ名画座プロジェクト」@サンハート。第23弾の今回は、まもなく東京オリンピックということもあり、三波春夫没後20周年追悼上映として、『東京五輪音頭』が上映されます。

1964年の東京オリンピック開幕前の9月9日に日活系で公開され、下町を舞台に、主人公の藤崎ミツ子(十朱幸代)が、祖父の反対にもめげず、東京オリンピックの水泳選抜で優勝するまでを描いています。
続きを読む・・・

 

8/7(土)◆親子で参加『YouTuberになってみよう』@サンハート (06/05)

子どもたちのなりたい職業ナンバー1になったことのあるYouTuber。「YouTuberってどんな仕事なの?」「動画の撮影・編集はどうやるの?」。そうした疑問に答え、実際に体験できる講座がサンハートで開催されます。

対象は、小学生とその保護者。親子参加ですから安心です。「おうち時間」を、家族で動画編集などを楽しむことができるようになります。申し込み締切りは6月30日(水)です。
続きを読む・・・

 

楽しく話せる空間◆6/13「もやっとカフェ」・6/24「おしゃべりルーム」 (06/04)

コロナ禍の中、もやもやしていることを吐き出そうと始まった「もやっとカフェ」@ハートフル・ポート。今回で5回目となり、参加者は毎回6~8名。30代から70代まで幅広い年代の方が参加していますが、女性が多く、もっと男性も参加して欲しいそうです。

「おしゃべりルーム」@まいんど治療院は、今回が2回目。前回は男女半々だったとか。両者に共通しているのは、テーマはなく、自由な空間で何でも楽しく話ができること(守秘義務をお願いして話の内容が漏れないようにして運営)。いずれも進行は、元希望が丘商店会会長で、現在は まいんど治療院 を息子さんと経営している全日本カウンセリング協議会認定カウンセラーの青井純子さんです。
続きを読む・・・

 

5/9・7/11◆「つながり喫茶」開催中@たすけあいハウス/中白根 (06/03)

旭区中白根にあるレンタルできる一軒家「たすけあいハウス」。地域の多世代交流拠点としてのほか、レンタルスペースとして、ロケや塾などにも活用されています。

ここで、原則第2日曜日に開催されているのが「つながり喫茶」。だれでも気軽に参加でき、つながりをつくるきっかけになればと始めて3年目。コロナ禍でも、対策を万全にして開催中です。なお、たすけあいハウスの詳細は、 こちら をご覧ください。
続きを読む・・・