◆いかにも夏らしい鬼百合をよく見かけます。派手で明るい印象から「華麗」「愉快」「陽気」などが花言葉ですが、「誇り」とか「賢者」の花言葉も。なぜか下向きながら、堂々たる咲きっぷりは、たしかに誇らしげではあります。ちなみに、種子は作らず、葉の付け根に栄養を蓄える「むかご」を作るとか。よく見ると、本当にたくさん付いていてびっくり。花の色や形だけでなく、不思議が一杯の鬼百合です。                                                                

ノルディック・ウォーキングしてみませんか? (03/16)

「ノルディック・ウォーキング」とは、ノルディック・スキーのように、手にポールを持ち突きながら歩くウォーキングです。最近、年齢を問わず流行っており、私たちは、矢指・追分市民の森を歩いています。あなたも一緒に歩いてみませんか?
続きを読む・・・

 

希望が丘の憩いの場・手作り小物の店「キボ・カフェ (03/03)

商店街の空き店舗を借りて非営利で運営されている「キボ・カフェ」。2007年10月に発足し、途中存続の危機もありましたが、いまでは地域の人による手作り小物があふれる店として、また、誰もが集え憩える交流の場として地域に根付きつつあります(2012年10月にNPO法人化に伴いクラフトカフェに名称変更しましたが、2013年秋に閉店。しかし、2014年1月20日にリニューアル・オープン → 詳細はこちら)。
続きを読む・・・

 

4/17(日)◆サンハートでハンドベルコンサート◆要入場整理券申込み (02/19)

旭区民文化センターサンハートには、3セットのハンドベルがあり、それを使って7チーム100名以上の人がハンドベルの演奏に励んでいるそうです。メンバーの間では、サンハートは“ちろりんシティ”と呼ばれているようで、ホームページの名前にもなっています。4月17日(日)には、そのうちの1チーム“Bell Flower”がコンサートを開催。無料でどなたでも鑑賞できますが、2/23~3/1に入場整理券の申込みが必要です。
続きを読む・・・

 

【読者のお便りから】~私の花粉(症)対策 (02/19)

今月から、「さわイン」紙面で紹介しきれなかった読者からのお便りを紹介していくコーナーをつくることにいたしました。第1回目は、テーマとして募集した私の花粉(症)対策です。
続きを読む・・・

 

二俣川駅直結。ライフ4階「謝朋殿」→「龍吟」→「多福楼」に (02/19)

法事や改まった席に向いているお店は、旭区内には意外に少なく、横浜駅まで出てしまうことが多い気がします。考えてみると、旭区内にはホテルなど宿泊施設がなく、それも関係しているのかもしれません。しかしない訳ではありません。ちょっとフォーマルな会合にも使える数少ないお店が「謝朋殿」(しゃほうでん)でしょう。ご存じの方、利用された方も多いと思いますが、二俣川駅北口の相鉄ライフの4階にあります。サンハートのひとつ下のフロアです。→北京料理「龍吟」に変わり、その後、四川料理の「多福楼」に変わっています。下記記事は「謝朋殿」当時のものです。
続きを読む・・・