本田建築設計の旧社屋が「ギャラリー本田」としてリニューアル

希望が丘駅東口から坂道を北上した突き当たり、旧厚木街道に面した場所にある(株)本田建築設計。ちょっとしたカフェのような外観で、地元に根ざし創業なんと70年。設計事務所としては、来年2021年で設立50年を迎えます。

36年前からは敷地で毎年5月に「本田まつり」を開催。大工さんによる包丁研ぎやまな板削りが好評ですが、今年はコロナ禍で中止とせさるを得ませんでした。

現在の本田文夫社長は、創業からは2代目。昨年9月に西側の新社屋に移ったのは、3代目への事業継承を見越してのこと。そのため、本田社長は、旧社屋の事務所にとどまり、新社屋を見守りつつ、新たに地域の交流スペースを提供しているのです。まもなく「ギャラリー本田」の看板も完成し掲げられる予定です。


▲「糸絵」の作品の数々と本田社長
 
建物正面に向かい左側が事務所ですが、中央に12坪ほどのギャラリースペースがあり、8月現在、地元の小関光代さんの「糸絵」作品展を開催中。ミシンの手の動かし方で自由に針目を作ることができるそうで、とても刺繍とは思えない見事な作品ばかりです。


▲右の4点は、アルフォンス・ミュシャを模写した作品

また正面に向かって右側には、6畳ほどの会議スペースがあり、現在は陶芸教室にも使われています。外からのドアもあり、単独で使えるほか、ギャラリースペースともドアを隔てつながっていますので、一体として使うことも可能です。


▲8人くらいまでの会議にも使えます。
 
いずれも貸しスペースとして利用でき、利用料は両室とも各1日(10~16時)2000円。半日なら1000円です(税込)。軽食もOKですが、アルコールはNGです。詳しくは、本田社長まで、お電話でお問い合わせください。

(株)本田建築設計 → ホームページ
〒241-0813 横浜市旭区今宿町2668
TEL 045-362-2022 FAX 045-362-2018